人類学者の雑記ブログ(脳科学から統治理論まで、理系文系幅広く。)

  1. 【図書紹介】
  2. 72 view

【図書紹介】『地球・生命-138億年の進化』

概要

 46億年前、宇宙の片隅でチリとガスの中から太陽系が誕生し、その中から地球が誕生した。燃えたぎるマグマのかたまりだった星に海が誕生し、生命は生まれては壊れることを繰り返した。やがて生命は単細胞から多細胞へ進化し、その後、骨格や足を獲得して陸上へと進出した。
 今から700万年前、二本の足で歩くサルがアフリカに登場した。10万年前には知恵をもったヒトも登場し、地球の主人公となった。

主な目次

第1章 宇宙の誕生と進化
 1.宇宙の誕生
 2.星の誕生と成長
 3.宇宙の未来

第2章 地球の誕生と進化
 1.地球の誕生
 2.月の役割
 3.地球の構造
 4.地球の歴史
 5.地球をゆるがす出来事
 6.海と大気の役割

第3章 生命の誕生と進化
 1.生命の誕生
 2.生命の陸上進出
 3.植物と動物の発展

第4章 人類の誕生と進化
 1.霊長類の繫栄
 2.原人から旧人へ、そして世界へ
 3.新人(ホモ・サピエンス)の登場
 4.日本人のルーツ

書評

 宇宙・地球・生命・人類、それぞれの誕生と進化を4つの章に渡ってまとめた一冊。各分野について時系列で追うだけでなく、宇宙・地球をはじめ、動物・植物に関する仕組みや原理について詳しく解説がなされている。写真・イラスト・図表が紙面全体の半分ほどを占めており、全編オールカラーであることから中高校生でも楽しめる内容となっている。


タイトル:地球・生命-138億年の進化
著者  :谷合 稔
価格  :1,200円+税
出版社 :SBクリエイティブ
発刊日 :2014年07月16日
ページ :272頁
サイズ :小B6判

本書の関連記事

『【特集】宇宙誕生から人類誕生までの137億年を振り返る。』

【図書紹介】の最近記事

  1. 【図書紹介】『人類の歴史を変えた8つのできごとI――言語・宗教・農耕・お金編』

  2. 【図書紹介】『現実を生きるサル 空想を語るヒト―人間と動物をへだてる、たった2つの違い』

  3. 【図書紹介】『ヒトの心はどう進化したのか:狩猟採集生活が生んだもの 』

  4. 【図書紹介】『ことばと思考』

  5. 【図書紹介】『脳と心のしくみ』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP