人類学者の雑記ブログ(脳科学から統治理論まで、理系文系幅広く。)

  1. 【図書紹介】
  2. 26 view

【図書紹介】『脳と心のしくみ』

概要

 「私たち人間の心はどこにあり、脳はどのようなしくみでできているのか?」。これは古代から脈々と続く、人類の探求テーマである。本書では、脳科学の第一線で活躍しながら一般の人々へのアウトリーチ活動も行う池谷裕二を監修に迎え、最新の知見を盛り込みながら「脳と心のしくみ」をリアルにビジュアル解説する。

主な目次

第1章 脳の機能を知る
第2章 心の一生
第3章 脳と心の不思議
第4章 脳と心の病気
第5章 未来と脳の心

書評

 脳や心について、全体像や個々の器官、性質などを知るために適した一冊。
 全ページに渡ってフルカラーで写真やCG・イラスト・図表が含まれており、初学者でも理解できるよう分かりやすく解説されている。また、自我や意識、ヒトと動物との違い、脳や心の発達過程や病気、各感覚や神経に関する記述も豊富で、巻末には脳と心に関する探究の歴史や最先端の研究についても触れられている。
 これから脳や心に関する造詣を深めるのであれば是非とも手元に置いておきたい一冊となっている。

タイトル:脳と心のしくみ
監修  :池谷裕二
価格  :1,500円+税
出版社 :新星出版社
発刊日 :2015年10月16日
ページ :224頁
サイズ :A5判

【図書紹介】の最近記事

  1. 【図書紹介】『人類の歴史を変えた8つのできごとI――言語・宗教・農耕・お金編』

  2. 【図書紹介】『現実を生きるサル 空想を語るヒト―人間と動物をへだてる、たった2つの違い』

  3. 【図書紹介】『ヒトの心はどう進化したのか:狩猟採集生活が生んだもの 』

  4. 【図書紹介】『ことばと思考』

  5. 【図書紹介】『脳と心のしくみ』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP