人類学者の雑記ブログ(脳科学から統治理論まで、理系文系幅広く。)

  1. 生命・進化
  2. 137 view

賢い人の考え方は、『国語+数学(算数)』的。今日からできる論理的・合理的思考法

 『答えを出すことができる』ということを“賢い”というのであれば、賢い人の考え方には“国語的な考え方”と“数学的な考え方”の両方が含まれているといえる。
 “国語的な考え方”とは、数字を必要としない、いわゆる定性的な考え方である。これに対して“数学的な考え方”とは、数字を必要とする、いわゆる定量的な考え方である。

 国語的な考え方の場合、物事の筋道を組み立てることができる。しかし、事実の有無、事柄の大小や軽重、相互の関係などは必ずしも明確にならない。そのため、筋道さえ成り立っていればどんな理屈でもいえてしまうという側面がある。

外国人犯罪のケース

 『国内に外国人が増えると、犯罪が増える』という主張について考える。これは、感覚的に『外国人犯罪が多い』と認識していることから生じる主張である。一見すると正しそうに思えるこの主張は、統計をみると必ずしも正しいとはいえないことが分かる。
 日本に住む日本人と外国人の1人当たりの刑法犯罪の統計を観ると、日本人が1人当たり0.013件の犯罪を行うのに対して、日本にいるアメリカ人の場合は1人あたり0.005件である。すなわち、外国人(アメリカ人)が増えるよりも日本人が増えるほうが犯罪は増えることになる。(※ただし、中国人の場合は1人当たり0.022件の犯罪を行うので、主張は正しいといえる。)
 また、この10年間で日本に居住する外国人の数は増えているが、外国人の犯罪件数は減少している。すなわち、定性的な感覚では『国内に外国人が増えると犯罪が増える』と考えてしまいがちだが、定量的な事実としてはその主張は成り立たない。

 国語的な考え方では正しそうにみえる主張も、数学的な考え方をすることで誤った主張であることが分かる。

税金の無駄使いと消費税増税のケース

 国語的ではなく数学的に考えるということは、言い換えれば数字・事実・論理で考えるということである。例えば、『税金の無駄使いをなくせば、消費税を上げなくて済む』という主張があるとする。理屈としては成り立っているようにみえるが、問題はそれが現実的に可能かどうかである。

 日本の国家予算(2015年)のうち、最大の歳出項目となる社会保障関係費は約32兆円である。次に公共事業費の6兆円、三番目が文教費(文化・教育に関する予算)の5兆円強、四番目が防衛費の5兆円弱、その他の支出が合せて9兆円程度、そして地方交付税交付金等が16兆円、国債の償還・利払いが約23兆円となっている。以上で、歳出の合計は96兆円となる。

 これに対して、税収は約55兆円である。その差は41兆円。この41兆円が、国債の発行や増税で埋める必要がある金額となる。
消費税増税反対派からは、しばしば『税金の無駄使いをなくせば消費税を上げなくて済む』という主張がなされる。そこで、“無駄を省く”という主張を数字・事実・論理で具体的に考える。

 まず、社会保障関係費について考える。現在、社会保障関係費は社会の高齢化に伴って毎年1兆~2兆ずつ増えている。また、近年では子育ての給付を増やすべきだという主張もある。そのため、削減どころか現状維持すら困難となっている。社会保障は社会的に弱い立場にある人たちのセーフティーネットであるため削減が特に難しい。
 次に、公共事業費について考える。6兆円の内、2割の1.2兆円を削減するとする。文教費と防衛費の削減は困難だが、それぞれ1割カットして1兆円の削減、その他の支出も2割カットで2兆円。国債費と地方交付税交付金等は性質上削れないので、これだけ思い切った削減をしても税金の無駄は4.2兆円程度。税収と予算の差は41兆円なので、残りの36兆円近くをどこかから捻出する必要がある。なお、消費税を1%増税すると増加する税収は2兆円程度であるため、無駄の削減は、消費税の増税を廃止した埋め合わせにはならないことが分かる。このように、数字・事実・論理で具体的に考えていけば『税金の無駄遣いをなくせば消費税を上げなくて済む』という主張は非現実的であることがわかる。

 “税金の無駄遣いをなくすべきだ”という主張は国語的には正しい。しかし、それで増税を廃止できるかといえば、数学的に考えると不可能であることが分かる。

 賢い考えをするのであれば、“消費税増税廃止”は議論としては不十分であることに気付く。国語的な考えだけでは、真の解は得られない。すなわち、あらゆる問題は数学的に考えて検証されなければならない。それこそが、“賢い考え方”の第一歩である。

【関連記事:『“感覚”がもたらす誤った選択』】

生命・進化の最近記事

  1. 『おばあちゃん効果』と『おばあちゃん仮説』は別物。人類学者が違いを簡潔に解説

  2. 肥満であると、糖尿病の前段階でも腎臓に負担がかかっている

  3. 柑橘系の香りでオレンジ色が覚えにくくなる。-安易な香り付けが逆効果になる可能性-

  4. 日本人の睡眠不足が15兆円の経済損失をもたらしている

  5. ヒトは、『自分は平均以上』と錯覚する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP