人類学者の雑記ブログ(脳科学から統治理論まで、理系文系幅広く。)

  1. サブカルチャー
  2. 56 view

今年の夏はこれで決まり!
“おすすめの一択”10選(旅行先・音楽・スイーツ・レジャー・アイテム・熱中症対策・食事・書籍・映画・ゲーム)

 7月も後半に差し掛かり、一年に一度しかない夏が本格化してきた。気温の高さ、天候の暑さは、日々の出来事を良くも悪くも記憶に強く留める。そんな季節を快適に過ごし、充実したひと夏にするために、ここではおすすめの『旅行先』『音楽』『スイーツ』『レジャー』『アイテム』『熱中症対策』『食事』『書籍』『映画』『ゲーム』を紹介する。

【目次】
“おすすめの一択”の意味~選択肢とヒトの心理~
1.行きたい旅行先
2.聴きたい音楽
3.味わいたいスイーツ
4.体験したいレジャー
5.手に入れたいアイテム
6.覚えておきたい熱中症対策
7.摂りたい食事
8.読みたい書籍
9.観たい映画
10.遊びたいゲーム
ひと夏を、一生の想い出に

“おすすめの一択”の意味~選択肢とヒトの心理~

 タイトルに示した“おすすめの一択”には、大きな意味がある。これは、選択肢の多さがヒトの心理にどのような影響を与えるかに起因する。

 ある実験で、店頭に6種類のジャムが並べられた場合と24種類のジャムが並べられた場合に、どちらにより多くの通行人が集まるかを調べた。この実験では、24種類のジャムを並べた場合のほうが多くの通行人が足を止めた。この結果は、ヒトは選択肢が多い方が興味を惹かれるということを示している。しかし、ジャムの売上を比較すると、意外な結果を示していた。より多くのジャムが売れたのは、6種類だけが並べられたほうだった。
 これは、ヒトは選択肢が多いほど興味を示すが、その選択肢が多すぎると“決定”を躊躇し、決定しないという選択を採りやすいことが要因となっている。つまり、人に何かを勧める場合、選択肢の多さは逆効果となる場合があることを示している。

 この結果を踏まえて、以下では『何かをしたいけど、選ぶのが面倒』という人に向けて、さまざまな分野での“おすすめの一択”を紹介する。多くの選択肢の中から決定を躊躇する人の一助になればと思う。

1.行きたい旅行先


 夏の旅行先としてぜひとも訪れたいのは、海水浴。暑さを忘れて冷たい水を一身に浴びるのは海水浴の醍醐味。海に行くのであれば、インスタ映えをも狙った景観の良さも重要。そこでおすすめなのは、鹿児島県の大島郡与論町にある『百合ヶ浜』。

 白い砂浜と透き通った淡い青の海が広がる百合ヶ浜。ここでは、春から夏にかけて、中潮から大潮の干潮時にのみ真っ白な砂浜が姿を現す。太陽の光を受けてキラキラと輝く海面と、どこまでも白い砂浜、そしてエメラルドグリーンに輝く海は、日本で最も美しい海ともいわれている。砂は星形で、『年齢の数だけ星砂をひろえば幸せになる』という伝説もある。
 砂浜が現れるのは、7月であれば1日~4日、10日~18日、23日~31日、8月は1日~2日、8日~16日、25日~31日ごろ。

(2018年08月04日追記:8月4日(日)にフジテレビ系列で放送された『さまぁ~ずの神ギ問』にて、『日本で一番キレイな海はどこ?』という質問があった。それによると、沖縄県久米島の“はての浜”と、同じく沖縄県にある古宇利島の“ティーヌ浜”が同着で1位だった。)

アクセス

 与論空港から車で20分ほどで大金久海岸へ。そこからはグラスボートや水上オートバイで係りの人の案内で。百合ヶ浜ツアーは、大人1人3,000円で往復が可能。夏季(6月~9月ごろ)であればグラスボートの係りが常駐している。

2.聴きたい音楽


 夏の暑さを目一杯楽しむなら、聴く音楽も大切。夏を代表する一曲としておすすめなのは、センチメンタル・バスの『Sunny Day Sunday
 1999年の8月にリリースされた曲で、PVは野球応援をモチーフにつくられている。現在でも高校野球で応援歌として定番で、まさに真夏を感じさせる一曲。当時はポカリスエットのCMソングとして起用されていたこともあり、その印象のほうが強い人が多いかもしれない。


大塚製薬 ポカリスエット 500ml×24本
 当時のポカリスエットのCM。照りつける太陽の下、崖の上から女子高生が海へ向かって飛び込む姿は、まさに夏と青春を象徴するシーン。いまだ多くの人の記憶に強く刻まれている一曲といえる。カバー曲も多く、ガールズロックバンドのSCANDALなどがカバーしている。

3.味わいたいスイーツ


 夏に味わいたいスイーツとしておすすめは、2018年6月に発売されたばかりの、セブン‐イレブン限定販売の『グリコ 牧場しぼりスペシャル 蔵王高原特選ミルク』。
しぼってから3日以内のミルクの味わいが楽しめる「牧場しぼり」の、厳選した素材を使用したミルクアイス。乳原料は、すべて国産を使用。香料や安定剤は使用せず、素材のおいしさを生かした仕立てとなっている。価格は173円(税込)。
 全国に2万店舗を展開するセブン-イレブンだからこそ、いつでもどこでも気軽に味わえる一品。(※店舗により、取り扱いがない場合がある。)

栄養成分

・エネルギー:171kcal
・たんぱく質:3.1g
・脂質:7.4g
・炭水化物:23.0g
・食塩相当量:0.1g

原材料

・生乳、乳製品、砂糖、水あめ、卵黄、乳化剤、カロチン色素、(一部に卵・乳成分を含む)

4.体験したいレジャー


 暑い夏の日、屋外ではなくて屋内でレジャーを体験したいという人におすすめなのは、大阪にある世界最大級の水族館である『海遊館』。
 生きものとの距離が近い『新体感エリア』や、世界中のさまざまな場所に生息する生きものをみることができる『常設展示』などが充実しており、生きものに触れる機会が少ない人にとっては普段の生活では体験できない触れあいができる。

 新体感エリアでは、アザラシが顔をのぞかせる世界最大級の天井ドーム型水槽がある北極ゾーン、イワトビペンギンが岩を飛び上がる元気な動きや素早い泳ぎがみられるフォークランド諸島ゾーン、サメとエイに直接触れることができる、国内最大級の室内型ふれあい体験水槽のあるモルディブ諸島ゾーンがあり、生態をリアルに感じることができる。

 常設展示では、太平洋を模した広大な水槽を中心に、『日本の森』『アリューシャン列島』『モンタレー湾』『パナマ湾』『エクアドル熱帯雨林』『南極大陸』『タスマン海』『グレート・バリア・リーフ』『太平洋』『瀬戸内海』『チリの岩礁地帯』『クック海峡』『日本海溝』などを再現した14の展示水槽を備えている。

 各水槽の配置は環太平洋の地理関係を忠実に再現し、実際の地球環境にできるかぎり近くなっている。太平洋をめぐる海遊館の旅を通じて、生命の多様性や不思議さを感じることができる。

 3月17日には、海月銀河(くらげぎんが)がオープンした。

限りなく広がる漆黒の空間に、キラキラとただよう美しい海月(くらげ)。まるで銀河の中を浮遊しているような体感で、神秘的な旅が楽しめる。

 『海月銀河』を象徴する水槽は、クラゲを彷彿とさせるフォルム。静かに描き出される波紋の広がりや影の揺らめきが水と生命感を演出している。まるで宇宙を漂っているかのようなクラゲたちの姿が浮かび上がる漆黒の空間で、ふわふわと舞い泳ぐクラゲの間を通り抜けるたびに不思議な浮遊感をもたらされる。天井からは銀河をかたどったやわらかな光が照らされ、幻想的な海月銀河の世界へ誘う。

通常料金

・大人(高校生・16歳以上):2,300円
・子ども(小・中学生):1,200円
・幼児(4歳以上):600円
・シニア(60歳以上):2,000円

アクセス

・電車:大阪メトロ 中央線「大阪港駅」1番出口より徒歩約5分
・バス:大阪市バス「天保山ハーバービレッジ」下車すぐ/関西国際空港発 リムジンバス「天保山(海遊館)」下車すぐ
(開館時間は09時30分~20時00分(7月21日(土)~8月31日(金)。※8月11日(土)~15日(水)は08時30分~20時30分)年内は休まず営業)

5.手に入れたいアイテム


 暑い夏の外出時に手に入れたいアイテムは、『熱中対策 服の上から体を冷やすスプレー 無香料』。
 服を着たまま、服の上からスプレーするだけ。-20℃のジェット冷気で体を服の上から瞬間冷却。熱い体を瞬時に冷やして涼しく快適に過ごせるアイテム。体温を下げるだけでなく、緑茶抽出の消臭成分が汗のニオイを消臭。冷感成分がひんやり冷感を与える。約1秒の噴射で、約90回の使用が可能。希望小売価格は842円(税込)だが、Amazonでは700円ほどで購入できる。

6.覚えておきたい熱中症対策


 35℃を越える猛暑日が続く夏。いつでもどこでも、誰もが熱中症にかかる危険性がある。熱中症は、正しい予防方法を知ることで可能な限り防ぐことができる。

水分を小まめに摂る

 喉が渇いていなくても、小まめに水分を採ることが熱中症の予防となる。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズで、汗で失われた塩分の補給にもつながる。
 水分補給が熱中症の悪化につながることもあるため注意が必要である。高温多湿の屋内外で30分を超える長時間の労働やスポーツなどによって汗を大量にかくと、体内の水分とともに塩分やミネラルも奪われる。その状態で水分補給だけを行うと、血液中の塩分・ミネラル濃度(体内における塩分やミネラルの割合)が低くなり、さまざまな熱中症の症状が現れる。つまり、水分だけを補給すると熱中症の発症へとつながったり、悪化する場合がある。なお、過度に塩分をとる必要はないが、毎日の食事を通してほどよく塩分を摂ることが大切。大量の汗をかくときは、特に塩分補給が不可欠となる。なお、かかりつけの医者から水分や塩分の制限をされている場合は事前に相談し、指示に従う必要がある。

適度な塩分・糖分の摂取も忘れないようにする

 効果的な予防のためには、水分を補給するのではなく塩分も一緒に補給することが重要となる目安として、1ℓの水に対して1~2g の食塩量が望ましい。また、エネルギーを補給するために砂糖などを加えることで、長時間のスポーツなどで失われた水分や塩分を補うと同時に、糖分も補うことができる。なお、塩分の補給には、塩分を含む飴やタブレット、梅干しなども効果的である。

快適な環境をつくる

 室内で過ごすときは、扇風機やエアコンで室温を適度に下げる。また、睡眠時は通気性や吸水性の高い寝具を選び、扇風機やエアコンを使用することで寝ている間の熱中症を防ぐことができる。食事は、栄養バランスの採れた食事を摂り、丈夫な身体をつくることが大切。屋外で過ごす場合は、可能な限り「日ざし」を避け、帽子や日傘を用いて直射日光を避ける。移動時は日陰を選ぶことが大切。

子どもは特に注意が必要

 子どもは身体が小さい分、環境の影響を受けやすい。子どものほうが体内の水分が少ないため、熱の影響を受けて大人よりも先に体温が上がる。また、子どもは汗をかく能力が低いことから体温調整機能が弱いので注意が必要となる。さらに、乳幼児は自ら環境を避けることができないため、保護者の管理・監督が不可欠となる。

7.摂りたい食事


 暑い夏には、熱中症を防ぎながらスタミナをつける食事がおすすめ。ぜひとも摂りたいメニューは、『うなぎそうめん』
 うなぎにはビタミンA、D、E、B1、B2、B6、B12が豊富に含まれ、カリウムやカルシウム、銅や鉄も豊富に含まれている。

・ビタミンA、E:粘膜を健全に保って病原菌の侵入を防ぎ、皮膚の新陳代謝を促進させる。また、抗酸化作用も発揮する。
・ビタミンB12、銅・鉄:造血作用がある。
・ビタミンD:カルシウムと、カルシウムの吸収を促す。
・ビタミンB1:糖質をエネルギーに分解し、疲労物質である乳酸菌を除去する。水溶性で汗をかくことで不足しやすい。
・ビタミンB2:皮膚や粘膜を保護する

 うなぎそうめんの作り方は以下の通り。

・1.鍋に水を入れ、沸騰させたらそうめんを入れて茹でる。
・2.茹でる時間は1分半~2分弱。
・3.茹であがった後はザルにあげ、流水で洗って冷たい水の中につける。
・4.うなぎの蒲焼を2cm程度に切り、皿に盛ったそうめんにのせる。

 そうめんの付け合せとして、冷やしトマトや梅干しを一緒に摂るとよりバランスのよい食事に。


 トマトには高血圧、血糖値を抑え、シミやシワへの効果もあるといわれている。梅干しは、疲労回復や抗酸化作用が期待できるクエン酸が含まれ、鉄分も含まれているため貧血予防にも効果的。また、暑い夏に失われがちな塩分を補給するのにも最適。

8.読みたい書籍

 移動中の電車で、もしくは図書館、喫茶店、自宅で涼みながらゆっくりと本を読むのであれば、おすすめは『リベラルアーツの学び方』。

 『教養』の大切さや学び方を教えてくれる一冊。自然科学から社会・人文科学、芸術まで、学ぶ意味や方法に触れ流れ、『知』の広野を駆けめぐることができる。
 教養を意味する『リベラルアーツ』は、ギリシア・ローマ時代にその起源を遡る。本書では実践的な意味における『生きた教養』として捉え、学ぶべき意義はどういうものか、どのような方法で学ぶべきかを論じ、これまでに生み出された学びの多い書物や作品を体系的、総合的に深く解説している。
 普段から読書をする人もしない人も、文学、美術、映画など学びたいこと、知りたいこと、感じたいことが見つかる、新しい分野の知識に触れてみたくなる一冊。涼しい空調の利いた部屋でパラパラとめくって気軽に読める点もおすすめできるポイントのひとつ。

9.観たい映画


 活字が苦手という人には、映画で夏を楽しむという選択肢もある。観たい映画のおすすめは、細田守監督が手がけるアニメ映画『時をかける少女』
 高校生である真琴はある日、偶然にも過去にタイムリープする能力を手に入れる。その能力が次第に周囲の大切な人を巻き込んでいくことになる。
 夏という季節を前面に押し出した作成ではないものの、ストーリーを通じて感じる“夏”は、高校生だった頃を思い出させる。大人も子どもも世界に入り込める、ぜひとも夏に観ておきたい一作。

10.遊びたいゲーム


 夏を目一杯満喫できるゲームといえば、不朽の名作である『ぼくのなつやすみ』
記念すべき一作目は2000年6月22日にソニー・コンピュータエンタテインメントから発売され、夏休みを体験できるアドベンチャーとして人気を博した。プレイヤーは、田舎の親戚の家へ預けられた9歳の「ボク」(名前)として夏休みの1ヶ月間、昆虫採集や虫相撲、魚釣りなどをしながら夏休みの31日間を過ごす。魚釣りや昆虫採集などノスタルジックな思い出に浸れる人気シリーズで、ミニゲーム形式で起こる出来事をクリアしながら、自分だけの夏休みを作り上げていく。

 自然が豊かな田舎をリアルに再現したフィールド設定などが特徴で、ゲーム内の環境音はすべて実際の現場(舞台となった田舎)で収録されている。

 2010年には、シリーズ誕生10周年を記念して、『ぼくのなつやすみ2』がPSP(プレイステーション・ポータブル)で完全リニューアルされた。
 新キャラ、新シナリオと、夏休みにできることが大幅に増え、『自由度の高い絵日記システム』『昆虫コレクションの完成』『虫相撲』『王冠コレクション』『小説家にネタを提供』『ラクガキで埋め尽くす』といった要素が追加された。

シリーズ3作目も発売されており、北国が舞台となっている。
北国の草原を渡っていく夏風のすがすがしさと、照りつける強い日差し。乾いた牧草のかおり、元気な子どもたちの歓声、そして、幼き日の淡い恋…。100種類以上の昆虫採集や虫相撲、酪農の手伝い、川や沼で泳ぎ放題、俳句作り、たまご集め、ゴム飛び、サカナ釣り、ガラス工芸、石投げ、アルプス一万尺、ラジオ体操、王冠集め、肝だめし、七夕など、夏と自然の遊びも盛りだくさん。

 遊び方はシリーズによって多少異なるが、基本的な1日のタイムスケジュールは朝6時に起床・ラジオ体操、7時に朝食、8時~17時の自由時間、17時に夕食、19時~22時の自由時間、22時に絵日記を描いて就寝と決まっているが、自由時間に何をするかはプレイヤー次第。昼間に何を体験するかで1日の終わりに描く絵日記の内容も変化する。ゲームの進め方によって主人公の将来が変化するため、一度では遊びつくせないボリュームに仕上がっている。

ひと夏を、一生の想い出に


 一生に一度しかない今年の夏。夏という季節を感じるために旅行に行く、音楽を聴く、スイーツや食事を味わう、書籍や映画、ゲームで時間を過ごすなど、楽しみ方は人それぞれ。ここであげた一択10選が、一人ひとりが楽しく健やかに夏を過ごせる一助になればと思う。

サブカルチャーの最近記事

  1. 『知識検定』が2019年2月14日に実施。公式サイトから試験情報や対策方法を分析※随時更新…

  2. 【世界ふしぎ発見】玄奘三蔵のシルクロード大紀行!《ミステリーハンター(レポーター)は尾花貴…

  3. SCANDALのHARUNA(ハルナ)についに“熱愛スキャンダル”が発覚。何度もライブに足…

  4. ヒトは『昨日や過去』よりも『明日や未来』に興味があることを確かめる方法

  5. 『八月十二日』は夏の夜を代表する一曲になるか。Milkey Milton(ミルキーミルトン…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP