人類学者の雑記ブログ(脳科学から統治理論まで、理系文系幅広く。)

  1. サブカルチャー
  2. 98 view

『八月十二日』は夏の夜を代表する一曲になるか。Milkey Milton(ミルキーミルトン)の『STARLIGHT』収録のナンバーがMV公開

 私が学生時代に楽器に触れていたこともあり、今でもガールズバンドをみかけるとつい聴いてしまう。

 ある日、ふとしたきっかけで『八月十二日』という曲をみつけた。歌っているのは、Milkey Milton(ミルキーミルトン)というピアノ・ロック・ガールズバンドだ。もともとは“女子会系ガールズバンド”というキャッチコピーを推し出していたが、『作りたいと思う曲が自然とピアノ・ロックに移行してきた』とのことから、“ピアノ・ロック”を打ち出していくという路線変更をしたらしい。

 『八月十二日』は、そんな彼女たちが送り出す“夏の夜の祭り”をイメージしたロックナンバーだ。ピアノの音の粒が夜空に輝く星を描き、力強いドラムは夏の祭りを演出する和太鼓をイメージさせる。歌詞に現れる“星”や“流星群”もあいまって、まさにひと夏の想いを心に抱かせる一曲である。

アーティスト情報


◆Milkey Milton(ミルキーミルトン)
▼公式HP:http://www.milkeymilton.net/
 Vo.mana(中央)、Key.chika.(左)、Gt.ume(右)の3ピースガールズバンド。通称ミルミル。2013年に専門学校で出会ったメンバーによって結成され、メンバーそれぞれが作詞作曲をおこなう。結成した当初は『女子会』をコンセプトに活動し、ポップなナンバーも多かったが、次第にロックへと移行していく。去年リリースした『しろとくろ』は、アップテンポで力強いロックナンバーとなっている。

アルバム情報

STARLIGHT

1.八月十二日
2.うそつき
3.goodbye goodbye
4.現在の未来
5.最後の『またね。』
《価格:2,000円(+税)》

【しろとくろ】(会場限定Single)
01.しろとくろ
02.bitter chocolate
03.I miss you ( acoustic )
《価格:1,000円》

サブカルチャーの最近記事

  1. 『知識検定』が2019年2月14日に実施。公式サイトから試験情報や対策方法を分析※随時更新…

  2. 【世界ふしぎ発見】玄奘三蔵のシルクロード大紀行!《ミステリーハンター(レポーター)は尾花貴…

  3. SCANDALのHARUNA(ハルナ)についに“熱愛スキャンダル”が発覚。何度もライブに足…

  4. ヒトは『昨日や過去』よりも『明日や未来』に興味があることを確かめる方法

  5. 『八月十二日』は夏の夜を代表する一曲になるか。Milkey Milton(ミルキーミルトン…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP