人類学者の雑記ブログ(脳科学から統治理論まで、理系文系幅広く。)

  1. 科学・技術
  2. 129 view

ハチミツを加熱加工すると、免疫賦活作用が出現-加熱加工ハチミツの摂取で細菌感染が予防できる可能性-

 ハチミツは身近な食品であるだけでなく、日本薬局方に収載されている生薬でもある。また、中国伝統医学では生薬の消化管に対する機能を高めるための添加物として利用されている。

 名古屋市立大学大学院の研究チームは、北京大学や自然科学研究機構との共同研究の成果として、ハチミツを至適な温度で一定時間にわたって加熱処理することで、免疫力を高める作用を持つサイトカインである顆粒球コロニー刺激因子の産生を誘導する作用を持つ物質に変化し、新たな機能性を持つようになることを発見した。

 加熱加工していないハチミツには、このような作用はない。実験では化膿レンサ球菌をマウスに接種したときの生存率に関して、あらかじめ加熱加工処理したハチミツを経口投与することによって有意な増加が認められた。なお、ハチミツを加工する際のさまざまな条件について比較したところ、180℃、1時間の条件で最も高い作用が生じ、それ以上長い時間で加熱すると活性が低くなることを見い出した。

 これら結果から、今後は加熱加工ハチミツを用いて感染症予防を目的とした機能性食品の開発などが期待できる。

◇参考サイト
名古屋市立大学

科学・技術の最近記事

  1. 【追記】《医学・生理学賞に本庶佑(ほんじょ・たすく)氏》/2018年、ノーベル賞の受賞に最…

  2. 同じ濃さの砂糖水でも、色が違えば『甘さ』が異なるという研究結果

  3. ハチミツを加熱加工すると、免疫賦活作用が出現-加熱加工ハチミツの摂取で細菌感染が予防できる…

  4. 風邪(発熱)のときに怖い夢をみる理由

  5. 空腹感が痛みを和らげるという仮説。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP