人類学者の雑記ブログ(脳科学から統治理論まで、理系文系幅広く。)

  1. 生命・進化
  2. 46 view

ミントの香りが他の植物の免疫力を高める。

 東京理科大学と龍谷大学の研究グループは、ミントの香りにさらされた大豆や小松菜がエピジェネティクスによる遺伝子制御によって防御能力を高められることと、この現象を農業活用することによって無農薬・減農薬の有機栽培を可能にすることを実証した

研究の背景

 植物は、害虫に食された植物から放出される香りを認識することができる。これは、『植物間コミュニケーション』といわれる。害虫に食された植物の周囲の未被害の植物は、香りを認識することで害虫の脅威を察し、あらかじめ防御力を高めることができる。なお、被食害植物以外の、常に香りを放出する植物(例:ミント)にこの能力が備わるかについては分かっていない。

 ミントの香りには害虫忌避効果があることが知られており、ミントに植物間コミュニケーションを生じさせる能力が備わるとすれば、ミントをコンパニオン植物として混栽することで害虫忌避と栽培植物の防御力を向上させる効果に相乗効果が生まれ、無農薬・減農薬での有機栽培が実現するものと期待される。

研究成果

 栽培室内でさまざまなミント種の近くで生育した大豆における防御遺伝子の解析を実施したところ、キャンディミントやペパーミントの香り成分のブレンドには大豆葉の防御遺伝子の発現を誘導する能力が備わることが分かった。これらの効果はミントの香りにさらしてから数日間にわたって維持され、その分子メカニズムはエピジェネティクスによる遺伝子制御によるものであることが示された。

 これらの効果は、野外圃場でキャンディミントの近くで大豆を生育した場合や温室内でミントの香りを受容させた大豆を野外圃場に移した場合でも認められた。さらに、ペパーミントの香りにさらされた小松菜でも認められたことから、特定のミント種は周囲の栽培植物の潜在的な防御力を向上させるコンパニオン植物として機能することが示された。

今後の展望

 ミントの近く(~100cm)に大豆や小松菜を栽培すると、害虫に対する被害率は半分になることが示された。つまり、極低濃度の農薬を用いた減農薬栽培とミントの活用システムを併用すれば、新しい有機栽培技術を生み出すことができる。なお、ミントの香りにさらされた栽培種ではさまざまな健康促進代謝物(二次代謝化合物)の生産が向上する可能性があることから、ミントを使った栽培技術によって生産物に付加価値が生じる可能性も秘められている。
 現在は、これらの栽培技術を活用した理科大ブランドの大豆や小松菜の開発に取り組まれている。

◇参考サイト
東京理科大学

生命・進化の最近記事

  1. 『おばあちゃん効果』と『おばあちゃん仮説』は別物。人類学者が違いを簡潔に解説

  2. 肥満であると、糖尿病の前段階でも腎臓に負担がかかっている

  3. 柑橘系の香りでオレンジ色が覚えにくくなる。-安易な香り付けが逆効果になる可能性-

  4. 日本人の睡眠不足が15兆円の経済損失をもたらしている

  5. ヒトは、『自分は平均以上』と錯覚する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP