人類学者の雑記ブログ(脳科学から統治理論まで、理系文系幅広く。)

  1. 生命・進化
  2. 29 view

レム睡眠に必要な遺伝子を発見

 理化学研究所などの国際共同研究グループは、レム睡眠に必須な2つの遺伝子を発見し、レム睡眠がほぼなくなっても生存するマウスの作製に初めて成功した。この研究成果は、レム睡眠の誘導や睡眠覚醒における神経伝達物質アセチルコリンの役割の理解と、その異常によって引き起こされる睡眠障害の病態解明や治療法の開発に貢献すると期待できる。

レム睡眠についての発見

 レム睡眠は、『身体は寝ているのに脳は起きている』という、覚醒とノンレム睡眠の中間の状態と考えられている。アセチルコリンはレム睡眠を誘導する分子として知られているが、本当にレム睡眠に不可欠なものであるかについてはこれまで不明だった。今回の研究によって、アセチルコリンの受容体遺伝子であるChrm1とChrm3が睡眠量の制御に重要な働きをしていることが明らかにされた。その両方の遺伝子を同時に欠失させたマウスでは、レム睡眠がほとんど検出されないことが分かった。

 この研究成果を応用することで、レム睡眠を特異的に操作する技術や薬剤が開発され、さらなる睡眠研究ならびに睡眠障害に対する効果的な治療薬の開発が進展すると期待できる。

今後の展望

 今回の研究では、レム睡眠がなくなっても生きられる個体の存在が初めて確認された。このことは、レム睡眠が動物にとって本当に必須なのか、必須であるのならどのような役割を持っているのか、そして睡眠はどこまで削れるのかという問いを、改めて検証するきっかけになるといえる。2つのアセチルコリン受容体遺伝子Chrm1とChrm3を欠損したマウスを見る限りでは、少なくともレム睡眠はなくてもよさそうという見方もある。

◇参考サイト
理化学研究所

生命・進化の最近記事

  1. 『おばあちゃん効果』と『おばあちゃん仮説』は別物。人類学者が違いを簡潔に解説

  2. 肥満であると、糖尿病の前段階でも腎臓に負担がかかっている

  3. 柑橘系の香りでオレンジ色が覚えにくくなる。-安易な香り付けが逆効果になる可能性-

  4. 日本人の睡眠不足が15兆円の経済損失をもたらしている

  5. ヒトは、『自分は平均以上』と錯覚する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP