人類学者の雑記ブログ(脳科学から統治理論まで、理系文系幅広く。)

  1. 生命・進化
  2. 27 view

ヒトが恋愛相手に感じる情熱は、恋人を自由に選べる社会ほど強いという研究結果

 北海道大学大学院の研究グループは、恋人を自由に選べる社会ほどヒトが恋愛相手に感じる情熱が強いことを初めて実証的に示した。
 これまでの国際比較研究において、恋愛関係における情熱は日本人や中国人などの東アジア人よりもアメリカ人をはじめとする北米人の方が強いことが示されてきた。しかし、この現象は『北米人は個人主義的で独立的』『東アジア人は集団主義的で対人関係中心主義』という既存の文化心理学理論では説明できない。

 これに対して研究グループは、対人感情の適応機能(望ましい対人関係の維持に役立つ働き)を考える立場から、情熱の文化差の原因が各文化圏における恋人選択の自由度の違いにあると考えた。
 北米社会は東アジア社会と比べて自分が所属する集団や対人関係などの社会関係を選ぶ自由度(関係流動性)が高く、それゆえたくさんの異性と出会い、自由に交際相手を選ぶことができる。このことは、現在の交際相手よりも魅力的な異性と出会って関係を乗り換える機会や可能性が多いことを意味している。このため、関係流動性が高い環境では魅力的な恋人の奪い合いが起こりうる。そして、恋人の奪い合いは『恋人から捨てられるかもしれない』という不安を引き起こす。
 こうした環境では、恋人に対して情熱的な愛を持つことには意味がある。なぜなら、情熱は相手に対して自分が誠実であることをアピールする行動を生み出し、相手の不安を取り除き、ひいては安定的な恋愛関係の維持につながるためである。

 研究グループの調査結果では、日本人とアメリカ人を対象とした調査を通じて恋人を自由に選べる関係流動性の高い社会ほどヒトの恋人に対する情熱が高く、さらにはパートナーに対する積極的な献身行動が見られることが示された。これは、恋愛関係における情熱というヒトの配偶行動を支える基本的な感情の強さがヒトを取り巻く社会の特徴によって左右されることを実証的に示した初の研究となった。

◇参考サイト
北海道大学

生命・進化の最近記事

  1. 『おばあちゃん効果』と『おばあちゃん仮説』は別物。人類学者が違いを簡潔に解説

  2. 肥満であると、糖尿病の前段階でも腎臓に負担がかかっている

  3. 柑橘系の香りでオレンジ色が覚えにくくなる。-安易な香り付けが逆効果になる可能性-

  4. 日本人の睡眠不足が15兆円の経済損失をもたらしている

  5. ヒトは、『自分は平均以上』と錯覚する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP