人類学者の雑記ブログ(脳科学から統治理論まで、理系文系幅広く。)

  1. 生命・進化
  2. 52 view

ヒトは、『自分は平均以上』と錯覚する。

 日常生活全般において、ヒトは実際のレベルよりも自身を高く評価する傾向があることが調査結果によって分かっている。

 日常的に車を運転する生活を送っている人を対象に、『あなたは平均よりも運転が上手ですか』と聞いた調査がある。この質問のポイントは、『平均より』という点である。すなわち、抜群に優れている必要はなく、あくまでも平均に比べたら“マシな方かどうか”という質問である。
 この調査結果では、70%の人が『私は平均以上です』と答えた。70%が平均以上というのは平均値の概念にそぐわない。つまり、多くの人が『自分は平均以上に優れている』と勘違いしていることが分かる。

 ある研究グループは、ジョークを楽しむ能力について調査した。
 ユーモアは、洗練された知識と機知がなければ理解ができない。調査では65名の大学生を対象に、30個のジョークを読ませ、どれほど面白かったかを評価してもらった。この点数で、ユーモアの理解度が分かる。これと同時に『あなたのユーモアの理解度は同年代の中でどのくらいに位置していると思いますか』と尋ねた。
 調査の結果、ユーモア理解度の順位の低い人ほど自己評価の高い傾向があることが分かった。

 成績下位25%以内の人は、平均して『上位40%程度にいる』と自分を過大評価した。一方で、成績上位25%以内の人は『上位30%程度にいる』と過小評価してい。
 つまり、実際の能力の個人差は人々がイメージする差よりも大きいということになる。この現象は、ユーモアだけでなく論理的思考力や一般学力試験にまで見られる。

 研究者によれば、この現象を次のように説明している。

1.能力の低い人は自分のレベルを正しく評価できない。
2.能力の低い人は他人のスキルも正しく評価できない。
3.よって、能力の低い人は自分を過大評価する。

 この研究は心理学では広く認知され、研究者の名前にちなんで『ダニング=クルーガー効果』と呼ばれている。

◇参考サイト
なぜ能力の低い人ほど自分を「過大評価」するのか

生命・進化の最近記事

  1. 『おばあちゃん効果』と『おばあちゃん仮説』は別物。人類学者が違いを簡潔に解説

  2. 肥満であると、糖尿病の前段階でも腎臓に負担がかかっている

  3. 柑橘系の香りでオレンジ色が覚えにくくなる。-安易な香り付けが逆効果になる可能性-

  4. 日本人の睡眠不足が15兆円の経済損失をもたらしている

  5. ヒトは、『自分は平均以上』と錯覚する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP