人類学者の雑記ブログ(脳科学から統治理論まで、理系文系幅広く。)

  1. 【図書紹介】
  2. 28 view

【図書紹介】『戦後の日本経済』

概要

 敗戦後の廃墟から復興を遂げ、高度成長を実現し、オイル・ショックを乗り越えて経済大国となった五十年。重要な岐路はどこにあったのか、構造的要因は何だったのか。歴史的事実を検証しながら、世界的な注目と論議の的である「日本型企業システム」の形成過程を明らかにし、バブル崩壊以後の課題と展望を示した一冊。

主な目次

序 私の経験からみた戦後経済
Ⅰ 日本経済はいま
Ⅱ 敗戦からの復興
Ⅲ 飛躍的な経済成長
Ⅳ 経済大国と経済成長のコスト

書評

 1946年に生まれた筆者が見た戦後の日本経済からはじまり、戦後50年に渡る経済再建・経済発展を概観している。
 戦後の経済再建を実現するための政府による財政政策・産業政策・雇用調整策などに触れながらも、従来の基本書・教科書では日本経済を発展させた要因の一つとして政府によるそうした政策が高く評価されているのに対して、本書ではそのような政策を過大評価するべきではないとの視点で考察がなされている。この点に関しては、『政府による“自由と統制”が社会の発展に与える影響について』の一読を勧めたい。
 本書の発刊が1995年であるため記載されている情報は1945年~95年の50年間に限定されているが、戦後日本の経済の発展の要因と経緯を理解するための大きな一助となる一冊となっている。経済史や経済政策を専攻する学生は必読といえる。

タイトル:戦後の日本経済
著者  :橋本 寿朗
価格  :800円+税
出版社 :岩波書店
発刊日 :1995年07月29日
ページ :243頁
サイズ :B40判(タテ173mm×ヨコ105mm)

【図書紹介】の最近記事

  1. 【図書紹介】『人類の歴史を変えた8つのできごとI――言語・宗教・農耕・お金編』

  2. 【図書紹介】『現実を生きるサル 空想を語るヒト―人間と動物をへだてる、たった2つの違い』

  3. 【図書紹介】『ヒトの心はどう進化したのか:狩猟採集生活が生んだもの 』

  4. 【図書紹介】『ことばと思考』

  5. 【図書紹介】『脳と心のしくみ』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP